外資系証券ファンドマネージャーの相場観

海外在住歴25年のアジア株専門ファンドマネージャー。日経平均は3万円を目指して動き出す!

市場の混乱は続く、こういう時は欲張らない

   

読者のみなさん、おはよう。昨日の日本株も大きく下落したね。

惜しかったのは、寄り付き価格を引け値が上回らなかった事だよね。例え300円下げようが、400円下げようが、寄り付き価格を引け値が上回って、尚且つ出来高が増加していれば、それは下げ止まりの一つのサインになるからね。

日経平均は364円安。

でもファナックや日東電工など業績好調の優良株は寄付きが安値で引けは高く、早くから下げてきているアイフルなども寄付きからは6円値上がりしていたよ。
株式市場は決して日経平均ばかりを見ていてもだめなのよ。

いよいよ本日は私達ヘッジファンドへの解約申し込み一回目の締切日だね。今のところ一件もないよ。他に負けていないからね。 でも他社はどうなんだろうね?

ヘッジファンドって言うのは、ある意味情報戦なんだよ。そうだね、コバンザメみたいなものかな・・・・・・・

自分達よりもっと大きな投資媒体が例えば日立を一ヶ月かけて2000万株買う。なんて情報を手に入れると、先回りして買ったりね。これは言っちゃいけないんだけど、その発注を執行するセルサイドのところから情報が漏れる事も多くってさ、フロントランニングって言うよ。

今日が45日前ルールの解約受けつけ締切日。月末が30日前ルール。急落からの反発は近いよ。

でもまだまだ混乱は続く。
だから臨機応変、リバウンドは取るけど欲張らない。これが出来るかな?出来ない読者は2~3日しっかり戻れば保有株を減らしておく事を勧めたいね。株ってさ、ジリジリ上がってドーンと下げるものなんだ。またそういう形になれば沢山買えばいいじゃん。

私は香港の日本人娯楽部に入っているから、実に様々な業種の人達との交流も大事にしているんだけど、ゴルフ仲間には成功者も多いね。20年以上前に香港に来て、ベーカリーチェーンを成功させた友人や、レストランで成功した人。また大企業の現地法人の役員との付き合いも多いよ。

株の事もよく質問されるよ。でもゴルフや宴会で仕事の話はしつこくしないのが礼儀だから、軽く質問されて、軽く答える。年を取れば取るほど、他人との距離感を大事に出来るようになるものだからね。

今、日本人の韓国に対する嫌韓感はすごいね。宴会などでも必ず話題に出るぐらいだよ。サムスンと言う企業に対してのこちらの電気関係の人達の怒りは大きいよ。
やり方が汚いと言うんだ。

東芝、ソニー。業務提携で美味しい条件を出して、技術を盗み取ったのは有名な話しだし、高給で日本人技術者をスカウトし、技術を得れば放り出す。大きくなる前は中国市場などでは、日本企業をイメージさせる宣伝広告で顧客を錯覚させたのだからね。

先日も現地法人のとある有名な電子部品会社の幹部が、わが社のこの部品の輸出を止めれば、サムスンは最先端の携帯電話作れません。工作機械も同じで、日本の最先端の工作機械出さなければ中国企業に負けます、必ず。と言う言葉が印象的だったね。

もし、インターネットにこの会社がこの部品なり、機械をサムスンに売らなければサムスンはたちまち立ち行かなくなると書き込めば、当該企業には日本人からの非難、攻撃が始まり厳しい立場になると思います。とも言ってたよ。
それほどまでに日本と韓国の国民感情はこじれてしまったよ。

私はチムサーチョィの韓国レストラン。よく利用しているのだけど、怒られそうだね。今日はここまでだね。

この記事が参考になったらブログランキングを応援していただけると嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

 - 相場観

Comment

  1. ともき より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    日本市場に対してのアメリカ長期政策に関してのお話
    とても興味深く読ませていただきました。
    ありがとうございます。

    もし機会がありましたら、中国・香港市場に対しての
    アメリカの長期政策に関して想うことなども
    アップして頂ければ、と願いコメントさせていただきました。

    これからも更新楽しみにしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最近2週間の下げについて、その理由を説明したい

読者の皆さんこんばんは。 ここまで書いてきたのは昨年に私が書いた、日本株が上がる …

みんなが買うなら売りなさい。それが勝つ秘訣

今夜の米国市場はやっと大幅下落とならなかったね。 私は今回の反発は本当の底入れに …

買いは入ってるけど、どんどん買うには早すぎる

前回の更新から少し時間が開いてしまったね、申し訳ない。 私のところは昨年12月か …

そろそろ買いに入る準備をしないとね

お久しぶりです、読者の皆様。 日銀の黒田さんがサプライズ的な金融緩和第二弾を出し …

水面下で対米従属に対抗する動きも

やっと反発したね。 通常2日ほどかけて出して欲しい反発をたった一日で達成してしま …

デフレの時代からインフレの時代へと移行しようとしているんだ

私達ヘッジファンドにとって、一年で一番忙しい時期がやっと一段落したよ。これからは …