外資系証券ファンドマネージャーの相場観

海外在住歴25年のアジア株専門ファンドマネージャー。日経平均は3万円を目指して動き出す!

買いは入ってるけど、どんどん買うには早すぎる

   

前回の更新から少し時間が開いてしまったね、申し訳ない。

私のところは昨年12月からここまで20数%の利益になっていて、それを何だ、今年度の運用はどうだったのか?来年度の日本株はどう動くのか?ではそれに対して何を基準にどういう投資をしていくのか?なんて事を顧客に説明しなければならない時期なので、目先の投資よりもむしろデスクワークに追われていた。

いや一年中忙しいわけじゃないのだけど、顧客に本年度の運用を報告して、来年の継続&増額のお願いはこの時期の最大の仕事だからね。幸いここまで解約はひとつもなく、来年も新しい資金が入ってきそうなんだけど、これがなかなか大変なのよ。

私達ヘッジファンドの顧客って言うのは、個人投資家じゃないからね、みんなそれぞれに優秀な人達なのよ。優秀な人達にテクニカルで。とか、相場観で。なんて通用しないものなのよ。

当社が開発したこの手法で全銘柄を比較してみますと、こういう結果になりました。なのでこの手法を使って全銘柄に点数をつけて、上位の銘柄を売買します。するとマーケットに対して、このぐらい上位のパフォーマンスを出せます。と、かなり分厚い資料を準備して、当社社長が訪問する訳よ。もちろんファンドの社長なんてハーバードか、東大クラスじゃないと務まらないものなんだ。

今回、急落の後の大きな反発、そして半値以上下落。でもGPIFの日本株運用比率20数%に上げるという口先介入があり、安部さんの気骨を垣間見た消費税についての言及により、日本株売りは止まり、売込みが止まったのを見て、一部外国人が買ったのが急落から、ここまでの流れなんだ。

では、とてつもなく大きな買いが入って、再び日本株は高値をこのまま更新していくのか?と言うと、それはそうではなくって、買った彼らも高望みはしていないと聞いているよ。15600円近辺の節目まで行けるかどうか?ってところじゃないかな。

先週末も30日前ルールに向けての換金売りは出ていたし、少なくともどんどん買っていくには早すぎると見ているよ。

では私達日本人について少し書かせてね。
私が日本を出たのは25年前。丁度日本全土がバブルに沸いていた1989年の事だった。

当時は銀行にしても、証券にしても、すごく利益があったからね、米国へデリバティブの勉強をししに行く希望者を募っていたからそれに立候補したんだ。あれから25年間、本当にあっという間だったね。

米国での勉強が終わった後、少し帰国、赴任先は英国、ここで普通の、何も知らなかった私は世界には強烈なnationalityがある事を学んだよ。世界は一家、人類皆兄弟なんて考え方の英国人は一人もいなかったよ。代わりにあったのは英国人の強烈なprideと日本人に対する評価だったね。同じ仕事をして、私のほうが成績が良かったりするとJapと陰口を叩かれたりね。

今、世界の中で日本人に対する評価として圧倒的に多いのは、日本人は礼儀正しい。なんだけど、当時、今から25年前には全くと言って良いほどにそんな評価はなくって、日本や、日本人についてあまり知らない人も多かったんだ。

今、中国人が世界中に団体旅行をしてね、大声で話す、どこでもタバコを吸う、食べ方が下品、ルールを守らないって言われているでしょう? その昔、農協や企業の団体旅行で日本人も世界中に旅したのだけど、今の中国人と同じような事をしてきたみたいだよ。
基本、田舎ものがたくさんの同胞と同じ旅行に行くという安心感と開放感がそうさせたのだろうけどね。

お金の使い方も知らなかっただろうしね。でも英国人は先の戦争についての日本人の戦い方には評価が高くって、付き合いが長くなるにつれて多くの声を聞いたよ。

日本人はアジア諸国に対して侵略戦争をしたのではなく、アジア諸国を侵略し、支配し続けていた白人たちと戦ったのだからね。結果、日本は敗れはしたけれど、彼らは植民地経営をあきらめざるをえなかったのだから。
日本人は勇敢。白人以外では日本だけだという声も多かったよ。

あ、他にも聞いたね。バブルが弾けて日本そのものが元気を失っている時、もっと自分の国に誇りと自信を持てよ。ってね。

今、中国や韓国との折り合いが悪いけれど、少なくとも欧州諸国の間では日本人に対する評価は非常に高い。人間は流れている血が何より大事なんだと彼らはよく言うけど、日本人として恥ずかしくないようにとは、いつも意識しているよ。

私は世界の歴史の中で最高の時代は日本の江戸時代ではないかと常々思っている。200年以上に渡って平和が続き、読み書きが出来る人々は世界最高の水準で、日本独自の文化を高めたのもこの時代だったんだよ。当時の江戸は世界最大の都市。強国に国を開かされ、不平等条約を結ばされ、植民地にされないために懸命に戦ったご先祖のおかげで、今の我々は平和と世界からの評価を手に入れて暮らしている。ありがたいと思わないとね。

この記事が参考になったらブログランキングを応援していただけると嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

 - 相場観

Comment

  1. 鉄板 より:

    はじめまして、何度か繰り返しホームページを読ませていただいております。歴史観につきましてはまったく同じ気持ちでおりまして、引き続き勉強させていただきたいと考えております。今後のブログにつきましても更新を楽しみにしております。勝手を申しますが、香港やアジアの大富豪が日本や今後の日本株についてどのような見通しを持っているかなど興味をもっております。またアジアの有識者層が日本人に対する考え方や白人至上主義についてどう考えているかなどお教えいただければ幸いです。くれぐれも健康にご留意なさってください。引き続き応援しております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最近2週間の下げについて、その理由を説明したい

読者の皆さんこんばんは。 ここまで書いてきたのは昨年に私が書いた、日本株が上がる …

市場の混乱は続く、こういう時は欲張らない

読者のみなさん、おはよう。昨日の日本株も大きく下落したね。 惜しかったのは、寄り …

デフレの時代からインフレの時代へと移行しようとしているんだ

私達ヘッジファンドにとって、一年で一番忙しい時期がやっと一段落したよ。これからは …

そろそろ買いに入る準備をしないとね

お久しぶりです、読者の皆様。 日銀の黒田さんがサプライズ的な金融緩和第二弾を出し …

水面下で対米従属に対抗する動きも

やっと反発したね。 通常2日ほどかけて出して欲しい反発をたった一日で達成してしま …

みんなが買うなら売りなさい。それが勝つ秘訣

今夜の米国市場はやっと大幅下落とならなかったね。 私は今回の反発は本当の底入れに …