外資系証券ファンドマネージャーの相場観

海外在住歴25年のアジア株専門ファンドマネージャー。日経平均は3万円を目指して動き出す!

私は先週から再び日本株を買い始めたよ

   

いやいやお久しぶりだね、読者の皆様。新年度の運用開始から11%の利益を確定して、久しぶりにゆっくりと日本の温泉を楽しんできたよ。

ま、物事は何でも同じだけれど、メリハリって言うか、押す、引きの駆け引きと言うか、出る時と、引く時って言うのはとても重要だと思うんだ。男と女の関係でも同じでしょ?押せば相手は引くし、逆に引けば押してくる。もっとも、この場合は期間限定だけどね。引いて押してきてくれる期間の事だよ。女性はそのあたりはしっかりしているからね。

私は先週から再び日本株を買い始めたよ。

年末から先物を売ってきていたガイジンが買い戻し始めたからね。それからは毎日買っているね。銘柄?あんまり私の場合は銘柄に捉われてはいないんだよ。株ってのはさ、人気が回っていく習性があるものだからね、強いてあげれば次の循環の先を買う。って事かな?

ベースの銘柄は決めて仕込むけれど、ある業種、あるテーマの中で先行銘柄の強い上昇を見て、次を仕込むって事だろうか?むろん相場が動き始めれば。って前提でだけど、それが一番効率が良いからね。

買い始めたのは旭化成とか、東レとか、東ソーとか、好業績の銘柄群だね。全部で20銘柄ほどを毎日少しずつ買いに入っている。そろそろ全体相場も動き始めて、高値を更新してきても不思議じゃないからね。

とりあえず日経平均2万円に向けての動きを買っているんだ。

今の日本株って言うのはね、今回のようにガイジンが先物を売り仕掛けても、大きな下げにはならないんだ。最初に書いたとおり、日本株を20年間も売り続けてきた日本の大口投資媒体がお上の命を受けて、日本株を買い始めてるからね。

もちろんお上は米国だよ。日銀のETF買いしかり、公的年金しかりだよ。今後はメガバンクも、生損保も、郵貯に簡保だって日本株を買って来ることになるよ。そう決まっているのだから。

順調に行けば、4月の25日前後には2万円の大台を突破すると見ているよ。長く続いたデフレの時代。物の価値が下がってくのだから、現金を保有し、動かない事こそ最良の投資だったけど、国家戦略としてインフレを打ち出し、事実、輸入物価の上昇に伴ってインフレに動き始めているよ。

これからの時代、現金で資産を保有することは実質的な目減りを示し、投資を行う人と、投資を行わなかった人との差はやがて大きく出る。すでに円安の恩恵を真っ先に享受した国際優良株は過去30年間の高値を大きく凌駕始めており、この流れはやがて全銘柄に広がっていくんだ。

悪いことは言いません、日本株を買っておきなさい。

それが2020年以降の混乱を乗り切る最良の方法だからです。私のところは最低受入額が1000万HKDのファンドだから、個人の方の資金よりは、機関投資家の資金が多いからお預かりすることは出来ないけれど、現金を保有し続けるデメリットは強く諌めておきたいね。
また投資行動の大きな変化あれば書くけれど、私は買い始めています。高い確率で成功するはずです。

この記事が参考になったらブログランキングを応援していただけると嬉しいです! にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

 - 投資戦略

Comment

  1. myamamoto より:

    日経平均はITバブル時以来、ほぼ15年ぶりの高値をつけている。反面、東京マザーズの株価指数は880ポイント前後で低迷し、昨年1月の高値1042ポイントすら抜けていない。
    個人投資家が買いに転換しなければ、新興は上がらないのか?
    新興市場の今後の見通しなどの解説もお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

市場が変化した。いったん現金化して機を待つ

読者の皆様、お久しぶりです。 先週、順調に値上がりしていた日本株と、米国株に変化 …